2009年8月28日金曜日

どうやら、開成中学校で落ちこぼれないよりも、東京大学文科3類に合格するほうが簡単らしい。

 『教育格差が日本を没落させる』(福地誠著・新書y/洋泉社)をずいぶんと以前に読んだ。開成中学校で落ちこぼれないよりも、東京大学文科3類に合格するほうが簡単らしい。
 著者である福地誠は開成中学校で落ちこぼれて、中学3年生のときに、中学3年生を繰り返すか、ほかの高等学校に進学するかを迫られ、偏差値60台の私立錦城高等学校に進学した。
 進学後は、錦城高校の生徒の中では、勉強のできる生徒になり、ついうっかり勉強したら、東京大学文科3類に合格、のちに、教育学部に進学した。

 開成中学校で落ちこぼれないよりも、東京大学文科3類に合格するほうがよっぽど簡単だという印象を受けた。

 まあ、実際、開成中学校でドロップ=アウトする生徒は80人くらいいるという話も聞いたことがある(巣鴨中学校は30人くらいだそうだ)。

 教育関係の月刊誌で、開成中学校では1年生の1学期中間試験の社会科で、国連加盟国の国名と首都名とを憶えさせるということを読んで、なんというむちゃなことをしている学校なんだろうかと思ったものだが、試験までにちゃんと憶え切れる生徒がうじゃうじゃいるそうだ。

 

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@