2009年8月4日火曜日

天気とは関係ないが、今年は猛暑ではないようだが……

 ここ数年、地球の温暖化を懸念(けねん)するという見解が囁(ささや)かれているが、今年は、どうやら、猛暑ではないようだ。気候というものは、ちょっとしたことで変動するものだから、今年が冷夏であったとしても、温暖化を否定する要因にはならない。けれども、本当に温暖化していくのだろうかという気になってしまう。
『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』を著した武田邦彦によれば、温暖化よりも、むしろ、寒冷化のほうが問題らしい。
『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』『環境問題はなぜウソがまかり通るのか2』を読むと、世間で言われていることが、ほとんどが誤りで、エコロジーを利用した利権らしいことが書いてあり、説得力があるのだけれど、それならば、どうして、マスコミの論調は、武田邦彦の見解と、これほどまでに違うのであろうかと不思議に思えてくる。
 武田邦彦の見解のほうが説得力があるから、わからないなあという感想を抱いてしまう。

  

『環境問題はなぜウソがまかり通るのか3』はまだ読んでいない。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@