2009年8月16日日曜日

スープは飲むか、食べるか;けんちん汁は飲むか、食べるか

 スープは、英語では「食べる」to eatものだと思っている人が少なくないようだが、そうとはかぎらない。しかしながら、同時に、「食べる」to eatか、「飲む」to drinkかだけで考えているようでは、自然に話すことは身につかない。

『英語達人塾―極めるための独習法指南』(斎藤兆史(よしふみ)著・中公新書)に、つぎの記述がある。

 日本語と英語との差異ばかりが強調された結果、ある英語表現に関して間違った固定観念が生まれることがある。そのいい例がスープの「飲み方」。日本語ではこのとおり、味噌汁やスープは「飲む」と表現することが多い。だが、英語ではスープは「食べる」(eat)ものだと習った人が多いのではないか。オックスフォード大学出版局の『英語の疑問』(Questions of English, 1994)は、Do you eat soup or drink it?という質問に対し、実に明快に答えている。曰く、どちらも正解。コンソメのような薄いスープなら「飲む」だろうし、野菜スープのようなものなら「食べる」。外国人に「けんちん汁は食べるものか飲むものか?」と真顔で聞かれたら、どう答えたらいいだろうか?
(原文では「味噌汁」の「噌」は、旁(つくり)が「曾」となっている正字体)

 けんちん汁にかぎらず、特定の社会階層では、食べ物はおしなべて「いただく」ものなんだけど。

夕食で、けんちん汁をいただきました。

 外国人に日本語を教えるのであれば、「いただく」で教えるべきであって、「食べる」「飲む」は、論外であろう。下品である。さらには、「いただく」の思想的背景も教えるのがよいだろう。けんちん汁は「食べるものである」あるいは「飲むものである」と結論するようだと、次元の低い問題設定と次元の低い解答でしかないような気がしてならない。

 ついでにsoupについては、to drinkto eatのようなあからさまな表現は下品であり、「食べる」「飲む」のほかにもさまざまな意味のあるto haveを使うものなので、実際の会話では困ることはない。

I had vegetable soup.
野菜スープをいただきました。

For dinner, I had consommé.
夕食に、コンソメ=スープをいただきました。

 著者は英語圏で暮らしたことがないのかと思ったが、インディアナ大学やノッティンガム大学に留学している。もしかすると、研究ばかりしていて、地元の人とあまり話さなかったのかもしれない。

   

 これらの著書が、まっとうなことが書いてある説得力のあるものであることは保証する。著者はスープをいただくようなライフスタイルではないのかもしれないのだけれど。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@