2009年8月19日水曜日

ロイヤル=ブルーとブルー=ブラック

 万年筆のインクは、ブルー=ブラックblue-blackしか使ったことがない。
 ブルー=ブラックというのは、濃い藍色(あいいろ)、あるいは暗藍色(あんらんしょく)のことだが、これはほかの色と違って、経年劣化(けいねんれっか)することなく、いつまでも色褪(いろあ)せない。
 一方、ロイヤル=ブルーroyal blueは、簡単に色褪(いろあ)せてしまう。ロイヤル=ブルーは、英国の王室に因(ちな)む色で、明るい感じの青色だ。癒(いや)し効果もある色だそうだ。
 知り合ってから、かれこれ、20年以上になる友人は、ずっとロイヤル=ブルーのインクで手紙を送ってくる。電子メールが多くなったが、今でも、ときどき、航空便で手書きの手紙が届く。
 ロイヤル=ブルーのインクが好きなのは、彼女の場合のように、女性に多いように思う。綺麗な色なんだけど、色褪(いろあ)せる。

 

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@