2009年8月29日土曜日

電子レンジと電子炊飯器のない生活

 電子レンジと電子炊飯器(でんしすいはんき)なしで、自炊(じすい)をしている。たいていの人には、「困らないのか?」と訊(き)かれるが、べつに困っていない。一般の主婦からすると、電子レンジと電気炊飯器がないのは、面倒きわまりないと感じるらしい。

 炊飯(すいはん)には、文化鍋(ぶんかなべ)を使っている。
 冷や飯があれば、朝食はお粥(かゆ)にする。昼食・夕食では炒飯(チャーハン)にすることが多い。
 文化鍋で炊飯するようになったのは、20年以上前だと、電子炊飯ジャーよりもおいしいご飯ができたからである。もっとも、最近の電子ジャー炊飯器の最高機種は、すこぶるおいしいご飯に仕上がるらしいから、関心はあるのだけれど、わざわざ買おうという気になれないでいる。ちゃんとしたものだと、6万円もするし。 また、炊飯土鍋(すいはんどなべ)にも興味はあるが、一時期、ブーム的に販売されたようなので、値段と品質が一致しないものが多そうなので、手を出す気になれない。

 電子レンジに関しては、電子レンジを使うことを前提としない生活スタイルが身についているので、むしろ、どういう局面で困ることが生じるのか、イメージすらできなくなっている。
 冷えると不味(まず)くなるものは調理しない。ガスなどで温め直しにくいものも調理しない。それだけのことだ。



ひとり暮らしには、このサイズくらいがよいと思う。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@