2009年1月6日火曜日

東京タワーの色は何色?

 東京タワーの色で論争になった。
 東京タワーは朱色で、これは鳥居の色で、すこぶる日本的だと考えていた。ところが、生徒たちが、東京タワーは赤だという。
 金鉱ではたいてい水銀鉱石も採れ、水銀鉱石の辰砂という赤い金属を使って、鳥居に色をつけていた。結界・魔よけの意味で鳥居を朱色にしていた。また、防腐作用もあった。
 鳥居の朱色にはそういう由来があるのだから、当然、東京タワーのあの色も、鳥居の朱色に由来するものだろうと漠然と考えていたのだ。エッフェル塔は、この点で、無粋な色をしていると思っていた。
 ところが、うちの生徒はだれも朱色だと思っていなかった。赤だという。
 そういわれてみると、鳥居の朱色の由来を知らない者が東京タワーを見れば、赤だと思うのはそれほど変だとは思えない。
 東京タワーの色をほぼ自動的に鳥居の朱色と結びつけていたのは、実家の近所に丹生都比売神社があるからかもしれないと思った。

 丹生都比売神社はともかく、東京タワーの色について検索してみた。
 正解は、「インターナショナルオレンジ」だった。朱色と赤の中間くらいの色だ。航空法が定められた色で、勝手に変えることはできないそうだ。

 鳥居の色だから東京タワーは日本的なんだと思い込んでいたのだけど、そのまま思い込んだままでいたかったな。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@