2009年1月16日金曜日

勉強と食事、あるいは頭を使う際に必要な物質(その4)

 レシチンの摂取量が少ない事例が多いということから、これまでレシチンを強調しすぎたきらいがあるので、訂正というわけではないが、もうひとつ重要なことをつけ加えておこう。もっともこれはそれほどたいしたことではなく、よく指摘されていることである。
 すでに述べたことだが、これがないとはじまらない2つの物質が、糖質とレシチンである。実際のところ、レシチンの摂取が少ないと思えることが多かったので、その2・その3で強調した。
 一方、糖質も重要である。脳を使う際にエネルギーとなるのはブドウ糖だけだからである。
 ブドウ糖を効率よく使うには、ビタミンB1、すなわちチアミンが必要である。
 ビタミンB1をとりわけ多く含むのは豚肉・鰻であるが、卵・豆類・牛乳にも多く含まれる。じつは、これまでに述べたものを摂取していれば問題ないのであるが、指摘しておこう。


コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@