2009年1月28日水曜日

国境なき医師団がフランスで生まれた理由を考えてみた。

 国境なき医師団Médicins Sans Frontièresが、英国でもなく、スイスでもなく、どうしてフランスで始まったのか、以前から気になっていた。
 根拠の薄い推測だが、以下の要因が大きいのではないか?

1)人口当たりの医師数は日本よりも多い。日本よりは医師があまっているわけだ。先進国の基準からすれば、むやみにあまっているわけではないが。
2)平均所得がフランスの医師は高くない。ある資料によれば平均年収は55,000ドルだそうだ。1ドル=100円だとして、550万円にすぎない。日本の勤務医(40歳)の平均年収が1,200万円であることからすると半分以下である。

 あくまでも「日本と較べれば」の話だが、医師があまり気味で、年収も低い。フランスの医師の年収だと、ギリシアなどの海外でヴァカンスを過ごすことはできなさそうである。そういう状況なら、しばらく外国で暮らしながらヴォランティア活動でもしようという気になるんじゃないかなと思ったのだ。
 もしも、フランスの医師の平均年収が2,400万円だとしたら、年収を1,800万円に減らしても9か月だけ働いて、毎年3か月間は、海外でヴァカンスを楽しむ生活を送りそうだ。
 動機がどういうものであれ、国境なき医師団の活動そのものに対して、私は肯定的である。募金を呼びかけるダイレクトメールに国境なき医師団が年間30億円くらい費やしているのも、より大きな活動をするためには必要なんだと思うし。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@