2009年1月29日木曜日

梶井基次郎の「檸檬」に登場する店のモデルになった八百卯(やおう)が閉店

梶井基次郎の「檸檬(れもん)」に登場する果物屋のモデルになった八百卯(やおう)がひっそりと閉店した。

「檸檬」という作品については以下を参照。


今よりもずっと若いときに、八百卯に行った。

「檸檬」に登場するレモンはサンキスト=レモンだ。

それの産地だといふカリフオルニヤが想像に上(のぼ)って來(く)る」と小説にある。

サンキストという名称・ブランドは、1893年設立のサンキスト=グロワーズSunkist Growers, Incorporatedという柑橘類生産者販売共同組合が1908年から高品質のオレンジにサンキストSunkistの名前を与えたことによる。サンキスト=ブランドのレモンが登場したのはいつなのかははっきりしないが、梶井基次郎の「檸檬」は1925年の作品だから、私が訪れたときの店主も言っていたのだが、梶井基次郎が買ったのはサンキスト=レモンだろう。

梶井基次郎の頃は、おそらく、高級品だったのだろう。小説の道具に使うくらいだしね。ところが、八百卯に行ったときには、高級品のサンキスト=レモンと、5個くらいが袋詰めにされている安物のサンキスト=レモンとがあった。もちろん、安物のほうをたくさん買った。

今、いちばん高級なレモンって、完全無農薬国産レモン(完熟)なんだろうな。

実家に戻ってから、高校の同級生や、学年が2つ下の女の子たちにサンキスト=レモンを配った。

学年が2つ下の女の子たちは1学期に梶井基次郎の「檸檬」を習ったばかりだった。

「モデルになった店で買(こ)うてきたレモンなんよ」

ちょっとはウケるかなと思ったのだ。

レモンを上げた女の子のひとりがずいぶんと経ってから、電話をかけてきた。

「あんねえ、掃除機先輩にもろたレモン、大事にしよう思(おも)て、床の間においといたら、知らん間(ま)に、茶色になって、ミイラみたいに干(ひ)からびてしもてたん」

干からびるまで気がつかなかったのだから、こいつは、絶対に「大事にしよう」と思っていなかったにちがいないな

なお、小説「檸檬」つぎのところで読める。



コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@