2009年3月21日土曜日

Canberraとinputの発音

 Canberraはオーストラリアの地名で、inputは「入力」の意味だが、Canberraとinputの発音を辞書で調べると、こうなっている。

Canberra
/kæˈnberə/

input
/ɪˈnpʊt/

 なお、発音記号の/ˈ/は、その直前の母音に強勢(stress、いわゆるアクセント)があることを示している。
 英単語・英文を自動的に発音記号に変換するサイト(「英語を学ぼう」)で発音記号にして、それを複写・貼り付け(コピーアンドペースト)をしている(日本で長く用いられてきたジョーンズ(Jones)式でないと困る場合は、英語-発音記号カタカナ変換のサイトでジョーンズ式の発音記号にしてくれるよ)。

 発音記号を見ると、/b/や/p/の前に/n/があるのは、変だと感じないかな?
 b、pは、破裂音で、いったん、上下の唇がくっついてから、音を発する。mは上下の唇がくっつくが、nはそうではない。だから、b、pの直前にある「ん」の音は、mの音になる。mは上下の唇がくっつくが、nはそうではないからだ。

 英単語の綴(つづ)りは、b、m、pの前の「ン」はmであると中学生や高校生に教える。その例外は、自分の知るかぎりでは、Canberraとinputなのである。

combat 闘い
combination 組み合わせ
combustion 燃焼
compare 比較する
compensation 償い
company 仲間、会社
compass 羅針盤
compassion 同情
compulsive 強制的な
computer コンピュータ
command 命令
commisioner 理事
commemoration 祝賀
impedance インピーダンス▼交流における電圧の電流に対する比
imprudence 軽率、無分別
impatient 気短な
temper 気質
resemblance 類似

 こんなぐあいである。

 日本語でも、同じだ。たとえば、「しんぶん(新聞)」は、ヘボン式ローマ字表記で、shimbunと綴(つづ)るのは、あとにつづく-bun(ぶん)の-b-の影響を受けて、shin-(しん)の-n-が、-m-に変化しているからだ。nを発音した直後にbやpを発音するのはむずかしい。「間(ま)」をおかないと、-nb-や-np-は発音できない。

 実際には、おそらく、だれもが、
Canberra
/kæˈmberə
input
/ɪˈmpʊt/ 
と発音しているはずなんだが、どういうわけか、-n-のままなんだよな。

 不思議でならない。

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真

和歌山県橋本市出身。世界文化遺産である高野山の麓です。
和歌山県立橋本高等学校を経て、早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。
B型Rh+。天秤座。家紋は「丸に九枚笹」。
大叔父(おおおじ)は精鋭集団である帝国陸軍航空審査部所属で、「キ61(きろくいち)の神様」と呼ばれた坂井雅夫少尉。キ61は三式戦闘機「飛燕(ひえん)」のことである。

人気の投稿

pageTacker

フォロワー

StatCounter

ashi@